新台スロットマシン

ニュースリリース 2023年

BioPQQ®の抗ウイルス作用に関するメカニズムを解明

2023年11月17日

 三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤井 政志、以下、当社)はピロロキノリンキノン二ナトリウム塩「BioPQQ®」の抗ウイルス作用のメカニズムとその効果を高める方法を見出しましたのでお知らせいたします。

 当社ではこれまでに「BioPQQ®」の抗ウイルス効果を確認しておりましたが、作用のメカニズムについては明らかではありませんでした。今回、ネココロナウイルスを使用した分子生物学的研究により、「BioPQQ®」がウイルスを破壊し、凝集させることで抗ウイルス効果を発揮していることを解明しました。また、特定の食品成分がその効果を増強することを確認しました。本研究成果は、国際ジャーナルである米国化学会発行ACS Omegaに2023年11月13日(現地時間)に掲載されました*1

 当社は、独自の培養技術により、ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩を食品向けとして世界に先駆けて開発し、2008年に米国にて食品医薬品局(FDA)よりNDI(New Dietary Ingredient)を取得し、「BioPQQ®」のブランド名で機能性食品素材として販売を開始していました。日本においても2014年に食品原料として認められ、2018年には欧州委員会よりNovel Foodとしての指定を受けたことで、欧州でも食品素材(製品名:MGCPQQ®)としての流通が認められました。また同年、「BioPQQ®/MGCPQQ®」は国際的なアンチドーピング認証である「インフォームド原材料」の認証も取得しています。これはアスリート向け食品の原材料としてお使い頂けることに加え、全ロット製品について第三者による品質評価がなされた安心・信頼のブランドとしての国際認証の取得であり、今後多くの方々の健康の維持・増進に役立つ素材としての活用が期待されます。当社は、食品素材として様々な可能性を持つ「BioPQQ®」の拡販をすすめるとともに、当社が今後進むべき新たな事業領域の一つに定める“医・食”領域の拡大を図ってまいります。

*1.“Antiviral Effects of Pyrroloquinoline Quinone through Redox Catalysis To Prevent Coronavirus Infection” ()

以 上

お問い合わせ先

三菱ガス化学株式会社
総務人事部広報グループ
TEL:03-3283-5040